クリスマスに向けて(後編)

MDFをレーザー加工で切断し謎の箱を作成。

 

今後の改良のために、5.5mmのMDFを使用しているので組み合わせるだけで箱が完成。

 

 

箱から出ているリード線の先には白い箱。そしてACアダプターへ・・・

 

赤の線以外を切ったら「ドッカ~ン」となるやつではありませんよ。。。

 

 

この箱の上部の切り込みに先日作成したクリスマス用の彫刻を施したアクリル板を差し込み、スイッチを入れるとアクリル板の彫刻が光ります。

 

RGBのテープLEDを使用しているしており白い箱はRGBをコントロールするコントローラーで、箱から出ているしっぽのようなものがリモコンの受光部で、リモコンでカラーを変えたり、点滅させたり、段階的に色を変えたりできます。

 

点滅やフェード効果を織り交ぜた様子は下記の動画を見て下さい。

 

ちなみに、アクリルボードを別のものにすれば、クリスマス以外のイベントはもとより、ウエルカムボードとしても使用できエコな商品です。