2017年最初の記事は?

新年早々、Arduino Uno互換ボードを購入してしまいました。Arduinoって何?

という方もいらっしゃると思いますが、以前のブログで紹介したRaspberry Piというマイコンボードの仲間です。

 

今度は何が違うのといわれると思いますが…

 

Raspberry PiはLinuxというOSが乗っておりその上でプログラムが動作するのでパソコンの仲間考えることができます。

 

ArduinoはOSが乗っていないため接続された機器をリアルタイムに制御することができます。

 

ではどう使うかというと…

ロボットで例えると

Raspberry Piはロボットの頭脳を担い、カメラやセンサーからの情報を受け障害物等を認識し回避させる情報をArduinoに送りArduinoはその情報をもとに手や足のモーターを制御し障害物を避けるといったことに使われます。

 

うん~

わかりずらいかな…

手っ取り早くいってしまうと、Raspberry Piは動いているプログラムを停止できる。Arduinoは一度動き出したら電源を切るまで止まらないってところかな。

 

左はRaspberry Pi 3

右がArduino Uno(互換品)

 

大きさが違うのとUSB端子数の違いやネットワーク端子やHDMI端子の有無がよくわかりますね。

あとはArduinoの基盤の方がシンプルですね。