· 

「画面領域切り取り」機能

Windows 10 October 2018 Update 更新プログラムで追加された「画面領域切り取り」機能についてです。

 

従来から使われてきた画面の切り取りはファンクションキーのPrtScr(Alt+PrtScr)でデスクトップをキャプチャーしエディターなどでいらないところを削除したりしていました。

 

Windows 10 October 2018 Updateでアクションセンターに「画面領域切り取り」タイルが追加されました。右図のタイル下段の左から2番目のタイルです。

「画面領域切り取り」タイルを押すと画面が暗くなり、画面中央上部に4つのアイコンが表示されます。

左から

四角形クリップ …………… マウスで選択した範囲で四角くチャプチャー

フリーフォームクリップ … マウスでクリックしたまま動かした領域をチャプチャー

全画面クリップ …………… 文字通り全画面キャプてゃー

閉じる ……………………… キャプチャの中止

 

画面右隅に「切り取り領域がクリップボードに保存されました」という通知が出るのでクリックすると「切り取り&スケッチ」というアプリが起動されるので画面右上のほうにフロッピーマーク(名前を付けて保存)があるので簡単に保存できます。

 

「切り取り領域がクリップボードに保存されました」が表示されたら以前のように「ペイント」ソフトを使用して画像を保存したり、Word、Excel、PowerPoint等に貼り付けも可能です。

 

この機能を利用すればユーザー登録時の画面コピーやインターネットの記事、オンラインショッピングでの画面キャップチャーが簡単にできるので便利かなと思います。

 

「クリップボードに保存されました」で安心しないでくださいね!

保存をしないと消えてしまいますよ~

 

 

画面領域切り取り