· 

セキュリティ(ウイルス)対策について

先日、PC持ち込みの生徒さんのパソコンでの出来事です。

 

最近、PCの動作が重いというので少し見てみたところ?

 

私 :セキュリティ(ウイルス)対策ソフトがない見たいですけど…

生徒:知人が今どきのパソコンは入れる必要ないと言っていたので、入れてませんけど…

 

ということがありました。

 

確かに、Windows10にはDefenderがあるし、Webブラウザでもある程度、怪しいサイトをブロックをしてくれるのであながち間違いではないけど、セキュリティ対策としては十分とは言えません。

 

なぜかというとウイルスは新種や対策ソフトを回避するために改良されたり、新たに見つかったOSの弱い部分をねらったり、新たな手口の手法などを模索し、はやい速度で進化しています。

 

対策ソフトを専門に生業としている会社はいろいろなウイルスや詐欺手法をブロックするため実際のプログラムの入手や解析するために多くのリソース(経営資源)を使いほぼ毎日、対策ソフトのデータを更新し配信しています。

 

DefenderはあくまでもWindowsのおまけで、ノートンやトレンドマイクロ、マカフィーなどのよく聞くセキュリティ対策企業の販売しているソフトとは比較になりません。

 

安全はただでは買えないということです。

生徒さんには、セキュリティ対策ソフト入れるようにお勧めしました。

 

ちなみに、プロバイダーによってはセキュリティ対策ソフトを無償で提供してくれるところもありますのでご自身のプロバイダの提供サービスを確認してみてください。(JCOMはマカフィーを1契約に付き3台まで無償提供してくれてます)

 

あと、対策ソフトを入れていないで、ウイルスに感染しパソコン2台をゴミ箱送りにしたという生徒さんもおられました。

ウイルス感染し不調になったので買ったお店に持っていったら直せませんと言われたらしいです。(悪名高いPC販売店でした)

 

ちなみに、コムコムではウイルス感染したPCでも可能な限り直します。(お代はいただきますけど…笑)